債務整理,体験,個人再生,人生再生
大切なものを再生する目標へ向かって奮闘するために。
バカな男の息抜きに裏日記なぞを。
buta.gif 人気ブログランキング にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 人気ブログランキング
ランキング応援よろしくお願いします
人生個人再生体験記
借金再生・債務整理はこちらへ。


人生再生決死隊!バカ2号の人生個人再生体験記

考え方で変わること|人生再生に必要なこととは

考え方で変わること|人生再生に必要なこととは

先生と呼ばれる職業や職種は多種多様である。
身近な職種だと教員や医師、そして今、自分がお世話になっている弁護士など。議員さまも先生と呼ばれているなあ。

さて、なぜ先生なの?と思うかもしれないな。
実は、とある先生と縁あってお会いする機会があり、そのなかで先生が自身の生き方でモットーにしていることに感銘を受けた。

「あきらめない」「失敗を糧に」「行動」

目標に向かって自分のできることは全て手を尽くしたが、失敗した。そして失敗した時点であきらめてしまう。
誰もがこのような失敗の経験はあるだろう。

先生曰く、「全て手を尽くした」というが、実際何をやったのか紙に書け。
それが本当に全てなのか。ほかに方法はないのか?自分自身であきらめることにより失敗の壁をつくっていないか?

人間には無限の知恵やアイディアがある。自分ひとりでは不可能と思えることでも、まわりの助けがあって実現することがある。
できる・できないの考え方だと、過去の経験にとらわれるから、必ず「できない」ことになるんだ。

自分がやりたいか、やりたくないか。
自分がやりたいことを決めてから、実現するためにどうするか考えろ。
やりたくてもできないというのは、目指しているものや計画が曖昧なんだ。だから目標が実現しない。

目標への考え方を変えれば、同じことでも実現の可能性が高まるということです。

また、公私を問わず、仕事でも仕事以外でも目標を達成すると充実感や満足感を得られるのだが。

「明確な目標・夢」「困難」「努力」「あきらめない」「自発的」「仲間」
充実感を得るにはこれらのどれか一つが欠けても駄目とのこと。これは、債務大王が掲げている「人生再生」において全てが必要なことだ。
人生再生という目標を成しえるには、どれかが欠けてもその目標は現実化しないように感じる。

他にもいろいろなことを先生から学ぶことが多かった。
自立と依存は対極の関係にあること。いや、病気でいう依存症のことではなく、生き方における「考え方」のことです。

自分は依存型の人間であったのは間違いないとわかっただけでも、今後どうするかが見えてきそうだ。

さてさて、その先生とは起業家・メンターの分野において第一人者である有名な人。
「全ての仕事に感動がある」これはその先生に関わるヒントなんだなあ。今春以降にわかるかもね。

「依存型」とは何かというのは次回以降にするが、状況の変化を周囲に期待したり、問題の原因は状況や他者にあると考えたり。
そして、その問題からいかに逃避するかを考えること、いかに自分が楽をするかを考えること。
借金問題に限らず、日々の生活においてこんな考え方、あなたはしていませんか?

人生再生のためにも、更なる自己の切磋琢磨が必要だと痛感した債務大王だった。


人生再生決死隊!バカ2号の裏日記

posted by 債務大王|2007年02月01日 | Comment(3) | TrackBack(0) | 人生再生の思いと行動

払えないのか払わないのか

払えないのか払わないのか

払えないのか、それとも払わないのか。
借金返済に行き詰まっていたりすると、本来払わなくてはならないお金も後回しにしたことが無いとはいえないかもしれない債務大王。
そんな自分でも、信用問題に関わるものや、義理人情的に考えての払うべきお金は滞らせることが無かった。
滞らせないために新たな借金をしてしまっていたのですが。。。

給食費の未払いが最近問題視されている。日本中の滞納額をあわせるとものすごい額になるようで。
給食費を払えない、払いたくても払えない家庭には何らかの制度で救済を図ることはできないのか。

中学までは義務教育だから、子供を学校に通わせるのは当然。そうなると何らかの理由がある家庭は払いたくても払えない状況に陥っていることもあるはず。

所得課税証明書で自分が支払った所得税額は証明できる。何らかの特別な事情、例えば病気や不慮の交通事故で収入が一時的に断たれることもあるかもしれない。
収入が低い事由が特別なもので、収入が本当に低かったことを証明することを要件に、全額とはいかなくとも事情がある家庭の子供たちが食する給食費へ税金を投入することはどうですか?

さて、給食費を滞納している親の中には意図して支払わない親がいるはず。払える経済力を持ち合わせているにもかかわらずに。
「自分の子供に好きで給食を食べさせているのではない。勝手に学校が用意してる。だから給食費を払う必要は無い」
個人や家庭のライフスタイルが昔にくらべ多様化しているから親自身の考えといってしまえばそれで終わってしまうけどね。

「毎日自分でお弁当を持たせます」

大いに結構。

でも、子供はそんな親の行為をどう感じるだろう。いや、何とも思わないかもしれない。そういう環境で育ってきているから、何とも思わないのが普通になっているんじゃなかろうか。
自分の子供に対してだけだったら弁当持たせりゃ済むんですよ。

給食費を払う払わないも問題だけど、この行為が子供に与える影響は親の予想以上のことがあるかもしれない。

今日は、まとまりそうにないので、次回に自分が考える予想以上の影響ことを。それまでもう少し考えてみるっす。

人生再生決死隊!バカ2号の裏日記

posted by 債務大王|2007年02月09日 | Comment(4) | TrackBack(0) | 借金以外のこと

就学援助制度と給食費未納の関係|給食費以外も援助あり

就学援助制度と給食費未納の関係|給食費以外も援助あり

給食費未納滞納で、税金投入したら?なんてロクに調べもせずに、バカの所以たる無知を披露したワケですが。
給食費の免除について、少しばかり調べてみた。

教育委員会で取り扱う案件なので自治体によって免除の制度や方法に違いはあれども、免除の制度ってあったのですね。
また一つ学びました。ありがとうございました>ダバダ火振さん。

給食費の免除というか補助、いや援助というべきか。
我が町には「就学援助規則」が教育委員会にて定められていて、給食費はおろか、「学用品費」「通学用品費」「修学旅行費」、そして遠足費や医療費などが、公立(町立)の小中学校に在籍している子供を抱えていて、生活苦に認定されている人々に支給されているのを初めて知った。

こういった援助制度があるにもかかわらず、なぜに給食費を始めとする必要経費の未納問題が発生するのだろう?

料金の収納体制においても改善の余地はあるはず。
一旦、認定されている人に費用相当額を支給しているが、小中学校で要する決められた費用は予め学校側で把握しているのだから、支給相当額を一括で学校へ町が精算することで支払い体系が確立されそう。

認定要件を満たさない家庭は、支払い能力を有していると判断されているのだから、それでも支払わなければ法的手段しかないのであって。
もちろん、認定要件が実情にあったものでなければ、この運用は白紙になるけど。

税金で賄うにも、行使する権限は自治体にあり、その管轄に教育委員会やら学校があるのだから、できると思うんだけどなぁ。。。

「システムの構築に難がある、費用がかかる」なんていうのは言い訳。
役所の仕事振りを見るからに難があるのは、仕事に対する意識の問題のような気がしてならない。
窓口へ行っても、挨拶ひとつないし、こっちから声をかけないと対応してくれないのは、自分が債務整理「小規模個人再生」の手続き関連で「所得課税証明書」を取りにいったときに痛いほど感じてきたこと。

昔の上司が「一番活性のない職種は公務員だ」というのも頷ける。

新たなことを始めるのに初期費用がかかるのは仕方が無いこと。
でも今年から、所得税が減って住民税が増えるのだから、財源は去年に比べ上向かないっすか?
検討もせず、やろうともせずに「できません」は無しっすよ。

ん。。。脱線しちゃったかも(笑)
前回の「親の姿勢が子供に与えるであろう影響」を書くというのは次回以降に繰り延べさせていただきます。
すんません。

人生再生決死隊!バカ2号の裏日記

posted by 債務大王|2007年02月10日 | Comment(5) | TrackBack(0) | 借金以外のこと

いつもと違う休日|大海原で釣りを堪能

いつもと違う休日|大海原で釣りを堪能

いつもは寝る時刻の午前2時頃。先日の土曜日はそんな時間に目覚ましをセットして無事寝過ごすことなく釣りへ行ってきました。

心配だった波風もおさまり天気は晴れ。絶好の釣り日和。
いとことの待ち合わせ場所に遅れることなく、集合場所の釣具店へ到着。
と、ここで大事なものを忘れたことに気付く。
大事なものって何?>>ranking
more

人生再生決死隊!バカ2号の裏日記

posted by 債務大王|2007年02月18日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

違法金融ヤミ金融ですか?怪しいダイレクトメールの分析

違法金融ヤミ金融ですか?怪しいダイレクトメールの分析

ローンやクレジットカードのダイレクトメールは、まず最初は疑ってかかるべき。
最近では新聞の折込広告でも見ることがある1%台の超低金利で「借金」の一本化を謳っているチラシも怪しさ満点だ。

債務大王は、銀行ローンカードの代位弁済で昨年の夏には金融事故登録をされている身分。
個人再生で債務整理手続き中にもかかわらず、「事前審査を実施させて頂き、キャッシング限度額2百万・ショッピング限度額百万の利用可能枠を用意しましたよ」とのダイレクトメールがまたも届いた。
しかも利率は10%未満>>ranking
more

人生再生決死隊!バカ2号の裏日記

posted by 債務大王|2007年02月19日 | Comment(9) | TrackBack(0) | ダイレクトメール

フラガール「常磐ハワイアンセンター」にまつわる思い出

フラガール「常磐ハワイアンセンター」にまつわる思い出

「フラガール」が、第30回日本アカデミー賞の最優秀作品賞に選ばれた。
常磐炭鉱閉鎖により、炭鉱に命をかけてた人たちが、生活再建のために立ち上げた事業が「常磐ハワイアンセンター」で、その当時のことを映画にしたものだ。
子供がまだ幼いので映画館に行けず作品自体はまだ見ていないのでレンタルが開始されたら是非見てみたいと思っている。

その常磐ハワイアンセンターには >>ranking
more

人生再生決死隊!バカ2号の裏日記

posted by 債務大王|2007年02月21日 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

マネーアイデンティティー?貧乏でもセレブでも

マネーアイデンティティー?貧乏でもセレブでも

叶姉妹が恭子さんと美香さんのほかに、次女がいたことを初めて知ったのは先日の「持ち逃げ事件」からのこと。
芸能界ネタに疎いので、今までずっと叶姉妹は実の姉妹と思っていたのは内緒のところだ(笑)
叶姉妹がユニットとしてつくられたセレブということも。初めて知ったのは債務大王だけですか?

今回、叶姉妹次女の持ち逃げ事件は、「ヤラセ」じゃないか?なんて憶測も飛び交ったようだが、もしヤラセだとしても盗まれる心配が無いとはいえ4億円相当の財産を使うだろうか?

金額が金額だし、警察まで巻き込んでいるのだから、持ち逃げはやはり「事件」だろうな。

その「4億円」というお金であるが。。。 >>ranking
more

人生再生決死隊!バカ2号の裏日記

posted by 債務大王|2007年02月23日 | Comment(4) | TrackBack(0) | 借金以外のこと

親の行動が子供に与える影響/給食費未納の一例から

親の行動が子供に与える影響/給食費未納の一例から

給食費の未納問題については先に触れたことがあるが、生活苦が原因ならまだしも払えるのに給食費を払わない親もいるようで。

推察する言い分は、「給食を頼んだ覚えは無い」とか「学校が勝手にやってるんだろう」とか。

その親の行動が子供に与える影響を考えてみたのだが。

小中学校は義務教育であり、必ず受けなければならない教育なのは日本国民に知らない人はいないはず。 >>ranking

more

人生再生決死隊!バカ2号の裏日記

posted by 債務大王|2007年02月25日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 借金以外のこと

ホワイトデーのお返しを考える時期なんだが

ホワイトデーのお返しを考える時期なんだが

ホワイトデー」のお返しは何にしようかと日本の男性は悩み始める時期。
お菓子業界の一大イベント「バレンタインデー」に義理とはいえ貰ったチョコレートでも貰いっぱなしで返さずじまいということはナシですよ。後が恐いっすから。

ホワイトデーのお返しは、バレンタインデーにもらったものの3倍返しなんて昔は言われていたが、今はどうなんだろう?
当然、本命の相手から貰ったのであれば、真剣にお返しを考えなければならないし、3倍どころじゃ済まないのが世の常ですな。

ホワイトデーといえば、自分がまだ20代前半の頃、すでに債務大王は借金漬けの状態だった。
こんな債務大王でも、バレンタインデーに本命の彼女からチョコを貰ったことだってある。
そんな時、必ず悩むのはお返しをどうしようかと >>ranking

more

人生再生決死隊!バカ2号の裏日記

posted by 債務大王|2007年02月26日 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
クレジットカードを作ることができない不便を解消。クレジット決済ができるなら。

ストップ貸し過ぎ 人生やり直し連合会
利息制限法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。