債務整理,体験,個人再生,人生再生
大切なものを再生する目標へ向かって奮闘するために。
バカな男の息抜きに裏日記なぞを。
buta.gif 人気ブログランキング にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ 人気ブログランキング
ランキング応援よろしくお願いします
人生個人再生体験記
借金再生・債務整理はこちらへ。


人生再生決死隊!バカ2号の人生個人再生体験記

マネーアイデンティティー?貧乏でもセレブでも

マネーアイデンティティー?貧乏でもセレブでも

叶姉妹が恭子さんと美香さんのほかに、次女がいたことを初めて知ったのは先日の「持ち逃げ事件」からのこと。
芸能界ネタに疎いので、今までずっと叶姉妹は実の姉妹と思っていたのは内緒のところだ(笑)
叶姉妹がユニットとしてつくられたセレブということも。初めて知ったのは債務大王だけですか?

今回、叶姉妹次女の持ち逃げ事件は、「ヤラセ」じゃないか?なんて憶測も飛び交ったようだが、もしヤラセだとしても盗まれる心配が無いとはいえ4億円相当の財産を使うだろうか?

金額が金額だし、警察まで巻き込んでいるのだから、持ち逃げはやはり「事件」だろうな。

その「4億円」というお金であるが。。。 >>ranking
自分のようなサラリーマンだと、ジャンボ宝くじでも当たらない限り一生かかっても得ることのできない金額。サラリーマン2人でようやく稼ぐことができるお金だ。
サラリーマンが財産として残せるものはマイホームくらいか。しかも、住宅ローンに追われての人生になるのが大半だろう。

さてさて、目の前に換金できない3億円の指輪があったとしよう。
あなたはその「3億円相当の指輪」欲しいですか?

その指輪は、欲しい人にとっては3億円を出す価値のあるものであり、指輪なんてと思う自分にとっては、いくら3億円の価値があったとしても、それだけでは「無用の長物」と同じかも。
タダであげると言われたら、貰っておくか。くらいの感覚かな。
高価なものだから欲しいのではなく、自分にとって価値のあるものかどうかということで。

しかし、その指輪に「換金できる」という条件が付いた途端、あげると言われたら、あさましくも目の色を変えて跳び付く自分がいるのは否定できないデス。換金できるという価値は恐ろしいほど人間を変貌させる魔力があるっすね。

お金のキホンといいますか、お金の価値観や金銭感覚は、今になってやっと正常化されつつある債務大王。
金銭感覚やお金の価値観は万人が同じというものではなく、セレブにはセレブなりに、中流には中流の、そして借金を抱えた自分には自分なりの身分に応じたものがある。
とはいえ、お金というものはセレブでも貧乏でも同一性は万人にあるものだから、貧乏であってもいかに「お金の生きた使い方」ができるかということが大事じゃないかと最近よく考えるのだ。

以前の自分は、お金の魔力に惑わされ、「お金」というものを自らの手で殺していたのかもしれない。
欲望のままに使ったお金で、自分は得たものがなにも無いことは現実であり、そんな自分に腹立たしい限りであって。

「金は天下の回り物」とよくいうが、自らが使うお金が生きていなければ回ってくるものも回ってこないんじゃないかと思うのですよ。
じゃ一体、お金の生きた使い方って何だろう。うーん、うまく表現できないっす。昔話の「わらしべ長者」みたいなものか。。。
いや、ちょっと違う気もするかな。わらしべ長者は幸運なサクセスストーリーだしw

考えれば考えるほど「生きたお金の使い方」って難しいですなあ〜
節約至極主義だと「ドケチ野郎」に成りかねないし、棺桶までお金を持っていくことはできないから、貧乏でも人生に実のあるお金の使い方を勉強してみるしかないっすね。
果たして答えは見つかるもんなのか。ま、そのうち見つかるべ。



人生再生決死隊!バカ2号の裏日記

posted by 債務大王|2007年02月23日 | Comment(4) | TrackBack(0) | 借金以外のこと
この記事へのコメント
@2号殿、残業ついでに参上しました。

で、冒頭から思わず絶句…
「実の姉妹じゃないの?」
二女もいるっていうからてっきり実の姉妹かと今の今まで、信じるも何も「疑う余地すら無かった」あたり、芸能ネタオンチの素性を暴露したかと…(~_~;)

その「持ち逃げ騒動」も「現金じゃないなら関心無し」と決め込んでいた訳ですが、
改めて「換金できる」となると心が動くあたり、右に同じって事で(^^ゞ

「生きたお金の使い方」は、恐らく誰もが経験した事はあると思うのですが、「当たり前」だったり「当然」と思ってる分、気が付かないだけじゃないですかね?

自分の場合は「生きたお金の使い方」よりも「無駄金を使わない方法」の方が興味があったりします。

それこそ持ち慣れない大金を手にしたら
「これまで迷惑掛けたから」と数億の指輪を妻に差し出すのが関の山かと(^^ゞ
Posted by mpapa@バカ3号 at 2007年02月23日 23:38
芸能ネタオンチの素性を暴露したかと…(~_~;)




…1号なんかさらに音痴!
でも叶姉妹て単にユニットだったんですね(笑)


さてさて『お金の生きた使い方』曰く…
1号の主観なんですが…
こうして生きている毎日に消費したお金がすでに生きているのではないでしょうか。

確かに我々は民事事件になってしまったほど家計のやりくりに後ろ指を差される経験もしてまいりました。

だからこそ知ったお金の大事さも感じましたし、
それ以上にお金に変えられない大事なものを認識することもできました。
これすらすでに得がたい体験でもあると感じています。

現在の私の心境は…
『座って半畳寝て一畳』
しょせんそんなものでしょう、個人の価値感て。
その中でいい思いもしましたが…
それはチョイスの幅があるだけのこと。
でも知らないより知ってるのも財産なのは事実です。

お金に関する価値観は…
それをどう有意義に使用できるかだと思いますね。
考えようによっては120円の缶コーヒーを10万円程度に喜びを感じる事だってできるのですから。
Posted by Nightfly67@1号 at 2007年02月24日 03:07
 うちの店で宝石展を毎年しています。
 ある時、カードが通らなかった人に商品を持たせてしまったことがあって、うちの社長と宝石商と二人でその家に朝駆けをかけたことがありました。

 そのときその宝石商が言ったのは、宝石は「換金できても1割くらいにしかならない」のだそうです。
 洋服なんて、1割にもならないから、まだ良いかも。

 3億の宝石を換金して、3,000万円か・・・微妙・・・

 それで一生犯罪者呼ばわりされるのは、嫌ですねぇ。
Posted by なおちゃん at 2007年02月24日 13:29
マネーアイデンティティーなんていったけど、意味を履き違えてるかもしれないっす。

>@3号殿
無駄金である死に金を使わないことを考えてたら、こんなふうに書いちゃいましたw
普通に生活することができていれば問題のないことなんだと思う反面、今の自分の金銭面に対する不安もあるからかな?と。
金銭感覚はマトモになったと思っているけど、それに自信がもてないんですね〜

>@1号殿
やはり、こうして普通の生活をして消費しているお金が生きたお金なんでしょうね。
今回の我らの体験・経験は、おそらくは自分たちにとっての財産となるでしょう。
東国原知事と同じように(笑)
缶コーヒーのように、答えは自分の感じかたでですよね。

>なおちゃん
換金しても一割が相場っすか。
であれば、今回の叶姉妹次女の彼氏殿?は損のほうが大きいですね。いずれ悪事は成敗されますから。

換金して指輪を得る宝石商がそれを売るときは、間違いなく3億前後で売るんだろうなぁ。。。
Posted by 債務大王@バカ2号管理人 at 2007年02月25日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
クレジットカードを作ることができない不便を解消。クレジット決済ができるなら。

ストップ貸し過ぎ 人生やり直し連合会
利息制限法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。